【Raspberry Pi】日記(第10回 引越後の環境設定)

Raspberry Pi
Raspberry Pi

2019年10月にオフィスを引っ越しました。それ以降、放ったらかしになっていた、「Raspberry Pi」を使ってサービスを作ることを再開しました。

まずは、「Raspberry Pi」の設定変更としてネットワークの設定の見直しを行わなければなりません。

元のオフィスと現在のオフィスではWIFIの機器を変更しましたので、「接続したことがないSSIDに接続する」ための設定変更が必要です。

現在のオフィスでネットワークに接続されていない「Raspberry Pi」の内部にアクセスして設定を変えるためには、2つの方法があります。

①モニター、キーボードを接続して設定を変更する。②OSが入っている「ミニSDカード」を「Raspberry Pi」から取り外して、PCに接続しPC上で設定を変更する。

今回は、キーボードの用意が有りませんでしたので、②の方法で行いました。

ディスプレイやキーボードを接続せずに「Raspberry Pi」を他のネットワークに接続する。

(1)「wpa_supplicant.conf」というファイルを作成する。

     wpa_supplicant.conf

(2)「Raspberry Pi」から取り外したSDカードのboot 直下にwpa_supplicant.conf」を置く。

(3)SDカードを「Raspberry Pi」にセットし電源を入れると自動的にWIFIネットワークに接続されます。

       Raspberry Pi

これで、PJを再開する準備ができました。以前作成した、音声認識/音声再生ロジックを使用してサービスを組み立てていきたいと思います。(Yoshi.)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です