【Raspberry Pi】日記(第5回 小型のスピーカーとマイクを入手しました)

Raspberry Pi 用、スピーカとマイク
Raspberry Pi 用、スピーカとマイク

現在HOT001号で、できること

①GPIO端子を使った、I/O制御。(LEDやセンサーのコントロール)
②webサイトからのデータ取得。(各地の天気情報、交通情報等)
③テキスト→音声変換、再生。(jtalk実装済み)

これから、HOT001号に実装すること

①音声認識→テキスト変換。(julius実装済み)
②音声コマンドによる制御。(チャットボット的な動き)
③カメラ制御(静止画、動画の撮影)
④画像判定による認証処理(AI使用)
⑤DCモーター制御。(自走するため)
⑥センサーの組込。(障害物にぶつからずに自走する)
⑦ステッピングモーター制御。(手とか顔を動かす)

この中の、①音声認識→テキスト変換。を実装するため超小型USBマイクを購入しました。Raspberry Piに装着してある、黒い半円状の物です。音声を認識するためのライブラリ「Julius4.4.2」は、コンパイルしてインストール済みです。「ディクテーションキット」と「文法認識キット」も最新版をダウンロードして準備してあります。

これからやること

(1)マイクのテスト
(2)音声認識設定
(3)Juliusでの音声認識
(4)文法ファイル作成
(5)Pythonによる、デモプログラムの作成。
となります。自分の声を認識して、それを音声コマンドとして動かすのが楽しみです。(Yoshi.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です